吉本歯科医院ホームページ

高松市 吉本歯科医院の患者様の声

松本康範(まつもとやすのり)様

松本康範(まつもとやすのり)様 特に虫歯など気になったところはなかったようですが、人前に出られるお仕事なので特に口元には気をつけられており、来院されました。私は患者さんを治療するという立場にありながら、松本さまの考え方・行動力に多大な影響を受けました。

松本さまは人間性が素晴らしく、治療でお会いするたびに、個人的に大きな気づきを与えて下さいました。今ではすっかり親しいお付き合いをさせて頂いております。私は兄貴分のように慕っております。

松本康範さまは、実は香川県議員さんです。来院された時は全く知らず、しばらくしてから交差点で信号待ちしている時に、ふと見たポスターで知りました(^^;)

以下、松本康範さまご本人のコメントです。↓

私が吉本歯科医院に予約を入れたのは、知人からの紹介でした。

こう見えて実は歯医者は怖く、小さい頃の悪いイメージのせいか「痛くて怖くて薬品くさい」ところという悪い先入観しか持っていませんでした。

しかし、知人から「とにかく今までの歯医者さんとは全然イメージが違うから行くだけ行ってみたら」と言われ、しぶしぶ予約を入れました。

予約の電話をしてみたら、なんと予約が混んでいて初めての予約を取るのに2週間もかかるというではないですか!

歯医者で2週間も待たされるなんて、正直驚きましたが、そんなに人気があるのなら一度のぞいてみたいなと思い、2週間待つことにしました。

そしてやっと予約の日がやってきました。(嫌いなはずなのになぜか心待ちにしている自分がいました)

ドアを開けて中に入ると、「こんにちはあ」と明るい可愛らしい(というと怒られるかな?)受付の女性が気分よく迎えてくれました。

おやじ心にすっかりスイッチが入った私は、単純にご機嫌になってしまいました。

そして、しばらくすると、ケアコーディネーターという女性が(こちらは大ベテランのようです)近づいてきて、「松本さま、こんにちは。初診の患者さまには少しお話しをおうかがいさせて頂いているのですがよろしいでしょうか?」と、これまた丁寧で感じよく声をかけてきたのです。

説明を聞くと、吉本歯科医院では、患者さん一人一人に、どういった症状で来院したのか、今の悩みはなにか?(歯のことだけでなく、噛み合わせや、全身の症状まで詳しく)今までの歯科医院での体験で不快な気分になったことはないか?もし、あるのなら、それはどういうところか?など、非常に詳しく、しかも、気分よく話を聞き出してくれるのです。

あんまり聞き上手なもので、ついつい関係ない趣味の話しまで盛り上がってしまいました。

ここまで話を聞いてくれてまず思ったことは、「患者の気持ち」をどうにかわかろうと吉本歯科医院全体で努力しているんだなあということでした。

私もいろいろな病院に行きますが、だいたいは、患者と医療の側とはコミュニケーションは分断されています。

なかなかここまで患者の気持ちを聞いてくれるところはないのではないでしょうか。

そして、それが終わりやっと診療室に呼ばれました。

エプロンをしてもらい、うがいをし、さあいよいよです。少しドキドキしてきましたが、いい年したおっさんなので若い衛生士さんの前に「こわいんですが・・・」とは言えません。

「松本さま、大変お待たせしました。吉本です。こんにちは」と院長先生の登場です。

明るい礼儀正しいいまどき珍しい品格のある先生だな、というのが私の第一印象です。

「はい、では、お口あけて下さいね。診させて頂きますね」と、先生。

自慢じゃないけど、私は歯には自信がありました。

虫歯もあまりないし、同級生はもう入れ歯をいれたりしているのに私は全部自分の歯です。生涯、自分の歯でいけるぞ、と自負がありました。

骨の状態を確認するために、レントゲンも撮りました。

問題ないだろう、という先生の答えを待っていた私に驚くべき事実が明かされたのです。

先生:「実は、歯周病がかなり進んでいるんです」

私:「え?歯周病?歯周病って、虫歯のことじゃないですよね?」

(今まで歯医者に通ってきたけど、一度もそんなこと言われたことないぞっ!)少しむっとした私は先生に言いました。

私:「そんなはずはないです。私はいつも歯医者さんでは問題ないと言われていたし、治療も5,6分であっという間に終わってました。レントゲンだって、いつも必要ないみたいで撮ったことなんてほとんどないんですよ」

先生:あいかわらずニコニコ穏やかな表情で

「そうですよね。そう思われるのも無理ないですよね。みなさん同じようにそ うおっしゃるんですよ。今から少しお時間を下さい。ご説明をさせて頂きたいんです」

先生は、本腰で話しこむ準備中

私:「・・・ど、どうぞ・・」

先生:「今、おっしゃいましたよね?レントゲンはほとんどとったことがない、治療は5、6分で終わってしまう、と。ここに実は問題があるんです。」

先生:「これが松本さんのお口のレントゲン写真です。ここ、骨が溶けてきてるのわかりますか?」

私:「確かに、レントゲンに骨がうつっていない・・・」

先生:「ところで、松本さん、歯は何で支えられてると思われます?

私:「え?歯ですか?え〜と、歯ぐきですよ、歯ぐき、このピンクのとこ」

先生:「そうですよね、普通そう思われますよね?でもね、実は歯を支えているのは歯ぐきじゃなくって、骨なんですよ。専門的に言うと、歯槽骨って言います

私:「ほお〜骨ですかあ。知らなかった」

先生:「歯周病っていうのは、この歯を支えている骨が溶けてなくなってしまう病気のことを言うんですよ」

私:「えっ?骨が溶けるんですか?じゃあ、溶けたらどれくらいで元に再生されるんですか?」

先生:「それがね、悲しいかな・・・一度溶けた骨は二度と元には戻らないんです。溶けたら最後」

私:「骨が溶けるということは・・・・」

先生:「そうですよね、歯を支えている骨が溶けたら・・・・・・」

私:「歯が抜けてしまうってことですか?もしかして!」

先生:「そのとおり!勘がいいですねえ、松本さん!」

私:「・・・・・ってほめられても・・・。じゃあ、抜けたらどうなるんですか?先生!」

先生:「う〜ん、今は歯科技術も進歩しましたのでいろいろできますが、やっぱりポピュラーなのは、入れ歯ですね。」

私:「入れ歯ですか・・・・・・」

先生:「あっ、でも、心配しないで下さいよ。松本さんの歯はまだ大丈夫です。

これからしっかり歯の奥までこびりついたばい菌を機械的に取り除いてゆく治療をしていけば進行をくいとめることができますからね。

それと、そのぶよぶよになった歯ぐきもしっかり引き締めるようにしましょう。

だ〜いじょうぶですよ。任せてください(と満面の笑顔)」

これが私の初めての吉本歯科医院の診察の日の出来事です。

あまりに衝撃的な出来事だったので一言一句覚えているんですね。

だいたい、なんで今までどこの歯医者でもこんな大事なこと教えてくれなかったの??という怒りがこみ上げてきました。

このままほっておいたら総入れ歯になるところだったじゃないか!

とにかく私は吉本先生に救われました。

入れ歯の不快さは、友人に聞いて知っていました。

たった1本入れ歯にしただけで大好きだったステーキも焼肉もすっかり美味しくなくなってしまった、と嘆いていました。味が全然変わってしまうんだそうな。

私は、それからせっせと吉本歯科医院に通い、担当の歯科衛生士さんと二人三脚で歯周病の治療となりました。

そして3,4ケ月通ったある日、担当の歯科衛生士さんが私にこう言いました。「松本さん、歯ぐきがこんなにきれいなピンク色になってひきしまってきましたね。お家でもしっかりブラッシングしてくださっているんですね。私も担当として本当に嬉しいです。これからも頑張りましょうね」と。

いやあ、嬉しかったですね。

学校出てから、いろいろ経験してきたけど、こんなにほめられることってなかなかないもんですよ。

しかも、歯みがきですよ。

しかも、若い女性に。

ほめて育てよ、とはよく言ったもので、私も仕事で教育に関することをやっていますが一番参考になりました。

吉本歯科医院では、一回の治療が結構長いのですが、これだけきっちりやってくれるのなら当然これだけ時間はかかるもんだと今は思いますね。

定期的に撮影するレントゲン写真も先生から説明を受ける前に、「ここの骨はまだありますねえ」なんて、自分で診断までできるようになってしまいました。レントゲン写真の見方なんて、いままで知らなかったですよ。

もっと早く吉本歯科医院に出会っていたら良かったと思いますが、まあ、これもご縁というもので、出会う時に出会うもの。


これからも、よろしくお願いしますよ。




なんと松本康範さん、ご自分でこ〜んなこともやってしまうのです!本当に驚きました。

書も花もな何もかも全くの独学でされたそうです。

花をいけたり書をかいたりしている時の松本さんはキラキラと少年のような目をしています。

私もこんな素晴らしい感性を育んでいきたいものです。素晴らしい!

河越裕次様、由加里様ご夫妻

河越裕次様、由加里様ご夫妻 開業以来からの患者さまです。

はじめて来院された時は正直、「ん?なんかやっかいそうな人やなあ・・」(苦笑)と思いました。

しかし、男らしい雰囲気とは想像できないほどの歯医者恐怖症だったのです。

どこにいっても3日までしか続かなかったという河越さん。

今では、大嫌いなはずだった歯医者のスタッフと一緒に飲み会までしてしまうほどに・・・。

気さくな話し方と、優しいお人柄に、私たちスタッフは来院されるたびに元気を頂いています。

いつまでも恋人同士のような素敵なご夫婦です。

以下、患者さまご本人のコメントです。↓

ある台風の夜でした。

ほうっておいた歯が痛くて痛くて眠れなくなっていました。

その翌朝私ははじめて吉本歯科医院に行きました。

でも、私は自他共に認める大の病院嫌い、特に歯医者は大っ嫌い。

なぜこんなに歯医者が嫌いになったかというとそれにはトラウマがあります。

歯が痛くて歯茎も腫れ上がっており、こりゃあいかん、と、なんとかふんばって近所の歯医者に行きました。

診療台であーんと口を開けると、先生がいきなりカーン!カーン!とその腫れ上がってる周辺を叩くじゃあありませんか!

「痛いですかあ・・?」

痛いっちゅうねん!!腫れて痛いのは見たらわかるやろう!!

私は、「先生、もうええわ、わし、帰る」


と、即、診療室を出ていきました。

こんなこともありました。

虫歯になって神経までやられている歯がありました。

診療台に横になってる間に、気が付いたら抜かれていた・・・なんてこともありました。

私にとって歯医者とはそんな嫌な不幸な思い出ばかりだったのです。


さあ、一体じゃあどこに行こうか・・。と悩んでいた時に妻が吉本歯科医院を教えてくれたのです。

また、ここも同じかな、と思いつつ、わずかな期待も少しあり

吉本歯科医院に飛び込みました。

そして、その日から私の歯医者のイメージが一変したのです。

とにかく驚いたこと、そのひとつは麻酔の注射が痛くなかった!のです。

これには驚きました。

さあ、いまからか、いまからか、手に汗握って目をつむっていました。

すると、先生は「さあ、麻酔終わりましたからね、楽にしててくださいね」と、一言。

あれ?もう終わったの?

それからは麻酔がかかった部分をやさしく治療してくれたので全く痛くありませんでした。

「先生、なんで注射痛くないんな?」ときくと

先生は「ははははは」と笑ってました。


そんな初めての診療日からはや6年、私は毎回の定期健診にきっちり通い歯のメンテナンスをして頂いています。

職場のみんなや友人は「あの歯医者嫌いの河越がそんなに続く歯医者ってどんなんや?」と興味津々です。

私は「まあ、ええけん、行ってみいって」と勧めています。

歯医者さんとの不思議なご縁で、今では先生はじめスタッフの方と仲良くさせて頂いており非常にいいお付き合いをさせて頂いております。

これからも末永くよろしくお願い致します。

鎌倉様(64歳)
鎌倉様
鎌倉様は奥歯3本のインプラント手術をされました。術後の経過も非常によくその後のケアも熱心にされておられます。現役でお仕事をされていらっしゃるのでこれからも歯を大事になさってご活躍下さい。

■鎌倉様のコメント
私は若い時から歯がとても丈夫でした。ですので歯医者さんに行くことといえば、若い頃に少し虫歯が出来たから行った、という程度だったのです。

歯が大事なのはわかっているけれどあまりにも丈夫でそこに意識がいかないため、あまり丁寧に歯ブラシなどはしていませんでした。

しかし、左の歯を失ってしまって奥歯で物を噛めないという人生はじまって以来の体験をしました。左の奥の歯がないので、食べ物を口にしても美味しくなく、どうしても右でばかり噛むようになってしまいます。

入れ歯は、総入れ歯のイメージがあったり、取り外しをしたりしないといけない、また、何より食事の味が変ってしまうというのが嫌でした。

思い切ってインプラントをしてみて良かったと本当に思います。

手術までは、検査があったり、「ここまでしないといけないのかな」と思うくらい細かな精密検査を受けました。血液検査や心電図検査や顎の骨のCT検査などなど、です。

しかし、やはり大事な身体のことですので安心が一番でした。これも説明をきちんと受けられたので良かったと思っています。

手術は怖くなかったの?と聞かれましたが、私は、インプラントに対して知識や変な先入観がなかったため、かえって恐怖心なく手術に向かえました。

手術中は専任の鎮静麻酔の先生がゆっくり麻酔をしてくれるので、あとは意識はあるけど、ぼんやりとした感覚で、恐怖心は一切ありませんでした。

いろいろ考えだすとかえって怖かったのかもしれません。

歯の大切さは失ってからわかるといいますが、私もその一人です。

歯が丈夫だっただけに、痛感しています。

今はインプラントを入れているお陰で違和感なく生活をしています。

入れ歯ではこんな生活はまず無理だったでしょう。

まだまだ長い人生、ちゃんと違和感なく噛める、ということは大きな収穫です。

院長先生やスタッフの方にはいつも親切に接していただき、感謝しています。

今回のインプラント治療をきっかけに、歯に対して意識を強く持つようになりました。

他の歯も健康に維持できるよう心がけるつもりです。

吉本良治様(69歳)
吉本良治様
吉本様は、歯周病がかなりすすみインプラント体を埋め込むための骨が溶けて6ミリのインプラントの入る余地もありませんでした。10年前にもインプラントを考えられたそうですが、骨がないため断られインプラントをあきらめていらっしゃったそうです。CTデータ3D立体構築画像変換検査を行いわずか8・5ミリという短いインプラント2本を含む7本のインプラントを1日で埋入しました。その後、2次オペと進み、かぶせ物を入れました。術後の経過は良好で、現在は美味しく食事を楽しまれていらっしゃるご様子です。

■吉本様のコメント
今回は本当にお世話になりました。こうやってまた噛めるようになるなんて夢のようです。

入れ歯で苦労してきたので本当に嬉しいです。

正直言って、インプラントをしようと決心するには時間がかかりました。

費用のことももちろんですが、何より怖がりの私は手術そのものが怖かった。

説明を受けると顎の骨にドリルで穴をあけてインプラントを埋め込むというもの、聞いた瞬間それだけで背筋が凍りそうでした。

歯の治療でも怖くて怖くてたまらなく、やっとの思いで吉本歯科医院にたどり着きなんとか恐怖心もなく治療をすることができました。

インプラント手術となるとどんな怖さがあるのか、と、それでしばらく悩んでいました。

しかし、思い切って手術してみて思ったのは、想像したような怖さ、痛さはまったくありませんでした。

頭の中で痛さまで勝手に想像して怖がっていたんだなと今は思います。

鎮静麻酔という麻酔で非常にゆったりとさせてくれるので、手術自体は怖くなかったです。ただ長時間横たわっていたので腰が少し痛かった程度です(苦笑)

手術が終った時の感覚としては一時間くらいかと思ったのですが実際には2時間半で7本も埋入とのことでした。

これまで何回にもわけて手術と聞いていたので、たった一回で7本もの手術が終わり驚きでした。

また70歳が近い高齢の私には一回の手術で済んだというのは体力的にも良かったと思います。

インプラントを入れて入れ歯から解放されたこの気持ちはなんともいえないものです。

私の世代になると、知人でもほとんど歯を失っている人が多くいます。

入れ歯が合わない、入れ歯はいやだ、入れ歯は食事がまずい、というのは仲間と集まるといつも話題に上るほどでした。

私は、インプラントという治療があるよ、とぜひ勧めてあげたいです。

周りを見回してみると、歯が丈夫な人ほど、比例して体も元気です。

また、歯がない人は、必ずといっていいほど、何か病気をかかえてたえず体調の悪さを訴えているように思います。

吉本先生のおっしゃるように、歯はすべての元気の源という意味もよくわかります。

入れ歯ではどうしても食べ物をしっかり噛むことはできません。

これは実際に入れ歯になってみないとわからないものですが、全くその通りです。

噛めないと、唾液も出ませんし、栄養も十分に体には入っていかないと思うのです。

入れ歯を使っていましたが、70歳が近くなりもう一度美味しいものを味わって食べたいと思うようになりました。

私はインプラントにして、また美味しく食べる楽しみを見つけました。

まだまだ長い人生を健康で楽しみたいと思っています。

ありがとうございました。

藤本誠様(グラフィックデザイナー)
藤本誠様
藤本様は多彩な才能で各界ひっぱりだこのデザイナーでいらっしゃいます。職業柄、人前でお話をされる機会が非常に多く、さまざまなことをご検討された上で当院でのインプラント治療を決断されました。

来院された時の状態は、歯周病が進み、前歯の骨がゴッソリと溶けてしまっていました。そのままインプラントすることも可能でしたが、見た目にとても長い歯が入れ歯を固定する方法では人前に出られないということで、インプラント埋入と同時に人工骨を用いて骨と歯肉を再生するという審美インプラント手術を行いました。

■藤本様のコメント
吉本歯科医院に来たきっかけは、歯がグラグラとしていてある日突然前歯が折れたことがきっかけでした。歯は若い頃から丈夫だったので自信はありました。

しかし、残念ながら、歯はポロリ抜けてしまいました。

歯がなくなったら当然、入れ歯でもしょうがないかな、と思っていましたので、先生に入れ歯を作ってもらいました。

「違和感を感じますよ」とは言われてはいましたが、実際に入れてみて、もうその不快さにビックリ。

こんな状態では人と話すのもいやだし、何より食べ物が食べれない。

私の周囲で友人達が「入れ歯は嫌なものだよ」と言っていたのは聞いていたがいざ自分がこんな状態になってみると、こんなに不快感のあるものだとは・・・。

先生に相談してなんとかしてほしい、と私は頼みました。

インプラントという治療があります、と言われました。

それはどういうものなのかテレビでは聞いたことがありましたが詳しくはわからないので説明を受けました。

歯を失っても、入れ歯やブリッジでなく、新しく歯を植える方法がある、というのは私には魅力的でした。

しかし、実際にインプラントについて知人、友人、身内、親戚に聞いてみるとその反応にまた驚きました。

「そんなのやめときまい」
「私の知っとる人やったけど、もう最悪だったらしいよ」
「インプラントは高いだけですぐ失敗するらしいよ」

などなど・・・「インプラントはすごくいいよ」というコメントは誰からももらえませんでした。

意気消沈した私は、そのことを正直に吉本先生に伝え、インプラント治療に対する不信感も伝えました。

すると吉本先生は「そうでしょうね、ほとんどの方がそう思われてうちにいらっしゃいますよ」とニコニコ顔。

そのニコニコ顔の裏に何か、ものすごい自信のようなものを感じとった私は、吉本歯科医院のインプラント治療について、どこが他の歯科医院と違うのかじっくり説明を受けました。

相談、説明、相談、説明の繰り返しで、数時間はかかったのではないでしょうか。

まず、吉本歯科医院でのインプラント治療が他の医院と全く違うシステムで行なわれているということに驚きました。

私が見せてもらってまず驚いたのは、私の顎の骨の状態を超立体的に、3D画像であらゆる方向から映し出し、細かな分析をコンピュータ上でしてあることです。

顎の骨の中には、非常に細かい、重要な血管や神経がたくさん通っているそうです。

その神経や血管に傷をつけないようにインプラントを埋め込むために、ここまでするのか?というくらい細やかな手術計画をたてていくのです。

確かに骨のないところにいくらいいインプラントを植え込んでも、すぐにポロリ抜けてしまいます。正確な位置を把握できればその心配もありません。

私は職業上、自分が関ったことに関しては徹底的に調べ上げる習性があります。

専門科の先生に言われたことでも鵜呑みにせず、自分の情報収集能力をつかって考えます。

そういう意味ではインプラント治療に対しては、ひょっとしたらそこいらの歯医者さん以上の知識をこの短期間で得たかもしれません。

また、インプラントは手術ですので、やはり、そのことに対する恐怖もありました。

どんなに鎮静麻酔をするので大丈夫ですよ、と言われていてもやはり、怖いものです。

実際に自分の手術の日になり、専任の麻酔科の先生より鎮静麻酔を受けました。

鎮静麻酔が効いてくると私は不思議な感覚を覚えました。

いつもデザインのアイデアがわいてくる時は、脳の中がフワフワとしたいい気持ちになるのですが、その時と全く同じような状態でした。

意識はあるので、手術中にスタッフの方に「頭の中がメルヘンやわ〜」と話しかけると手術室の中のみなさんに大笑いされ、「少し、おしゃべりをやめておいてくださいね」と言われました。

それくらい恐怖心のないものでした。

普通に通院して虫歯治療をして横になっている時のほうがよっぽど怖いと思いました。

ただ、吉本歯科医院ではあらゆるリスクを考えて、さまざまな検査をインプラント治療の前にしなければなりません。

血液検査であったり、心電図検査であったり、CT検査、CTデータ3D立体構築画像変換検査であったり、です。

しかし、そのことがあるから安全安心、を確保できているんだと思います。

今の時代、安全である、ということは「安い、早い」より大きな価値のあることです。

時間はかかりましたが、とても満足のいく治療でした。

心から感謝しております。