高松市 吉本歯科医院 1DAY インプラント(オールオン4)

All-on-4とは、全ての歯を失った方(無歯顎)対象の最新のインプラント治療方法です。

総入れ歯の方多くの歯を失った方に、4〜8本のインプラントをバランスよく埋入し、その日のうちに理想的な仮の歯を固定する治療法です。

大きな特徴は、インプラントを埋め込む手術をした後、わずか数時間で歯が入り、物が食べる事が出来る治療方法です。

また、埋め込むインプラント体は4本から8本だけですので、手術時間もあまりかからず患者さんの身体的負担が大きくなりません。

以前は総入れ歯の方の場合、インプラントを10〜14本埋め込む手術が一般的でした。

本数が多いと、手術時間は当然長くなります。

しかし、最近の研究で、特殊な技術を用いれば、日常生活に不可欠な6番目の歯まで12本(片顎)の歯を支えるために必要なインプラントは、十分な骨があれば4〜6本にできることがわかったのです。また、手術後から8〜10本の歯で軽く噛むことで、骨とインプラントの結合が促されることも明らかになりました。つまり、必要最少本数で、手術当日から、連結された12本の歯を支える――これがワンデイインプラントの考え方です。

すでに欧米では普及してきているこの方法なら、患者様の費用や肉体的負担、さらには精神的な面でも負担を減らすことができます

埋入の本数は、骨の状態をCT撮影し、さらに画像解析により検討した上で最適な本数を決めていきます。

All-on-4・治療説明

顎の中央に2mmのツイストドリルを使用し、深さ10mmまで形成する。

中央の穴に、All-on-4ガイドを装着する。

このガイドにより、インプラント埋入位置や形成の角度が判りやすくなり、同時に舌を守る役目をする。

↓

2mmのツイストドリルを使用し、適切な深さを形成していく。傾斜角度は最大30度から45度。

方向指示棒で、正しい角度であるか確認する。

↓

骨の密度に応じて部位を拡大して、インプラントを埋入する。

角度付アバットメントを装着する。

反対側の臼歯部も、同様に施術する。

↓

前歯部2箇所を形成し、インプラントを埋入する。

アバットメントを装着する。

骨密度により必要に応じてインプラントを追加する(埋入)

↓

縫合後、歯の型取りをする。

↓

出来上がった補綴物を、スクリューで固定する。

その後、すぐに物を食べることができる。しかし、骨とインプラントがまだ結合していないので、結合する半年間は硬いものはかめません。仮歯は通常5番目の歯まで左右合計10本になります。

↓

All-on-4は、上顎でも下顎でも適応できます。

※何本必要かは、患者さまによって変わってまいります。

メール相談フォーム

インプラントに関するお問合せを承っております。以下のフォームよりご相談下さい。

診療の合間を見て、ご相談に応じさせて頂いております。お返事にお時間がか かる場合がありますがどうかご了承下さい。

また、1週間過ぎても返事がこない場合はサーバー上の問題が考えられますので吉本歯科医院(087-818-1118)までお知らせ下さい。

■お名前(※必須
■性別(※必須 女性 男性
■年齢
■メールアドレス(※必須
■連絡先電話番号(※必須
■ご住所(※必須
■職業
■ご相談内容(※必須
■HP公開(※必須 構わない 載せないで欲しい
※ホームページ上にご相談内容を公開しても良い方は、「構わない」を選択して下さい。

ご質問のメールアドレスの不備で、回答のメールが届かないことが少なくありません。
送信される前に、もう一度ご自分のアドレスに間違いがないか、ご確認をお願 い申し上げます。